人が成長し続ける組織づくりのカスクキャリア 人が成長し続ける組織づくり(キャリアデザイン・仕事と子育ての両立・個別キャリア相談・組織活性化コンサルティング)
キャリアについて プロフィール 活動内容 ツール集 ご参加者の声 リンク
キャリアについて

ホーム > 仕事と子育ての両立
キャリアについて

本
岩尾至和 著
アマゾン限定販売です。
仕事をどう選んだらいいか悩んでいる方、
仕事を今よりちょっと面白くしたいと思っている方、
仕事でちょっと悩んでいる方、
きっと何らかの気づきがあると思います。
詳細紹介ページはこちらです⇒
書籍販売ページはこちらです⇒

岩尾至和オフィシャルブログ


人を活かす組織づくり メールCafe


ワークショップ


コンサル


若手社員向け


ワーク子育てデザイン


学校向け


仕事と子育ての両立


学校を卒業すれば多くの人が働くことになりますし、そのうち結婚する人もいるでしょうし、子どもが生まれることもあるでしょう。
子どもが生まれると、女性でしたら、出産がありますので、必ずそこで一旦仕事から離れる期間が出てきます。

そして、出産時だけでなく、子どもが小さい頃は、手とり足とり面倒を見る時期があります。
生まれてから子どもの面倒を見るのは、女性も男性も同じ事ですが、小さな子どもを育てるということは、一大イベントです。

つまり、多くの場合、女性も男性も、今までと同じようには、仕事を進めることはできなくなります。

いや、できなくなるというよりは、自分の時間に新たに”子育て”という時間が加わるわけなので、 どうしてもこれまでと同じように生活(仕事やプライベート)できるわけではなくなるということです。


そこで、女性でも男性でも、これまでの働き方を含めた生活の仕方を見直す(デザインし直す)必要があるわけです。
ここでは、仕事と子育ての両立を考えることを、ワーク子育てデザインと呼んでいます。

ただ、夫婦が健在なら、どちらかが子育てに、どちらかが仕事に専念するという形をとることもできます。
そして、経済的に共働きをせざるを得ない場合もあるでしょう。
また、経済的なことは置いといて、やっぱり仕事も続けたいということもあるでしょう。
必ず仕事と子育てを両立しなければいけない、した方がいいというわけではありませんが、もし、両立をしたいのであれば、 仕事と子育ての両立をどうやって回していくか、見直してみることが非常に重要になってきます。

ここで大切なのは、「何かを犠牲にする」という考え方でデザインし直すわけではないということです。

大切な仕事の時間を削って、子育てに充てるとか、大切な子どもとの時間を削って仕事に充てるとか、そういうマイナスを生む考え方ではなく、

”どうすれば、自分も子どもも楽しい時間を過ごせるか?”
”どうすれば、自分の大切にしたい価値観を満たせる働き方ができるか?”
”どうすれば、家族(パートナーや子どもたち)が楽しい時間を過ごせるか?”

ここから出発します。
引き算ではなく、足し算のイメージです。

子どもと1日中いるにこしたことはないですが、仕事があればそうはできません。
では、どのくらい時間が取れるのか?
取れた時間をどう使えば子どもとの大切な時間を意味あるものにできるか?

こういう考え方ですね。

ベストはおそらく不可能だと思います。
だからベターを目指すことです。
そして、時間は限られていますので、仕事や子育てに充てる量ではなく、質を大切にすることが何より重要になってきます。

ところで、こういうことは、母親がいかに働き方を見直すかということで世間ではクローズアップされているフシがありますが、 父親も働き方を見直す必要があると思います。

事情があって一人親の方もいるでしょうが、両親がいて、ともに働いているのであれば、両方ともが見直す必要があります。

昔は、男が働き、女が子どもを育てるという時代背景もありました。
しかし現在は、考え方や価値観が変わってきています。

変わったからというわけではなく、基本的に、子どもは2人の子なわけなので、2人で育てるのは当たり前のことだと思います。
動物の世界では違うものもありますが、それは次世代を残すための本能的な習性で、人間なら、 2人で育てた方が次世代を繁栄させるのにも非常に有効です。

ただし、産めるのは女性だけですし、生活しなければいけないので、女性が動けない間は、男性が働くしかないという現実はあります。
女性男性、均等な時間子育てに関わらなければいけないというわけではなく、やれることを分担していくことが大切です。

最近は、育休を取れる会社も増えてきました。男性ももちろん取れます(ただ、まだ理解してもらえないことは多いようですが)。
育休が取れなくて、やむを得ず辞めたとしても、再就職という道の可能性も拡がってはいます。
ただし、会社の都合で育休が取れなかったり、再就職が難しくなったり、思うようにいかなくなることもあるかもしれません。

大切なことは、人生全体を見て、どうすることが自分たちにとって幸せなのかを考えて選択していくことです。
いろんな事情でうまくいかないことがあったとしても、その状況の中で最善の選択をしていくことが大切です。
仕事が人生の全てではありませんが、生きる喜びの一つでもあります。
子育ても生きる喜びの一つです。
そういう意味では、子どもができた、子どもができそう、将来は子どもが欲しいな、そして仕事も続けたいなと思うのであれば、 仕事と子育てをうまく両立できるように考えていくことが、これからの時代、非常に大切になってくると思います。


キャリアとは?
キャリアデザインとは?
働きがいあるキャリアを創るために
仕事は何のためにあるのか?
キャリアを解決志向で考える
寄り道キャリアのススメ
トライ&ベターのススメ


PAGE TOP
ホームキャリアについてプロフィール活動内容仕事お役立ちツール集ご参加者の声リンク サイトマップお問い合わせ個人情報保護方針
Copyright2009Spread Performance. All Rights Reserved.